Progression4 beta1.3の驚異的進化

| コメント(0) | トラックバック(0)

あけましておめでとうございます。

昨日東京へ戻ってまいりました。
どうやらProgression4のbeta1.3が公開になったようですね。
ざっと変更点、修正点を見てみましょう。
http://progression.jp/ja/download/4.0.1_pb1.3/
・・・・・・

とんでもない量です。

大きなポイントとしては
・オートアップデート機能の追加
・環境設定クラス(~Config)にライセンスがらみの引数追加
・コマンドのResourceまわりのプロパティの追加(resId、resGroup)、変更(groupの廃止)
・ResourcePrefetcherクラス追加(アイドル時に先読みしてくれるすごいやつ)
くらいでしょうか?
(他にも山ほどありますが)

とりあえずの注意点としてはインストール後、リリースビルドの書き出しはbeta1.3での書き出しとなるので、beta1.3準拠への修正が必要になると思われます。(Ver4.0.0であれば大丈夫ですがVer4.0.1のものが対象になります。つまりbeta1.2のものは要修正)

では一つづつ見て行きましょう。

・オートアップデート機能
まず待望のオートアップデート機能追加です。
プロジェクトパネルでプロジェクトを開いて、メニューアイコンの一番右にあるのがアップデートボタンです。
prog4update.jpg
これを押すと、ダイアログが出てアップデートの有無を聞かれます。
Ver3と同じですね。

・環境設定クラス(~Config)にライセンスがらみの引数追加
各~Configクラスの第一引数にactivatedLicenseTypeというStringタイプの引数が追加されています。
通常MITライセンスの場合は指定なしか"basicLibraryLicense"を指定してあげると良いです。
私は良くWebConfig(false,false,false)とやっていたので、アップデート後はとりあえずコンパイルエラーという状況でした。

・コマンドのResourceまわりのプロパティの追加、変更
画像等、外部ファイル読み込みの際に今まではURLをidとして、getResourceByIdを利用してきましたが、beta1.3よりresIdプロパティを指定する事によってresIdの値でgetResourceByIdを利用出来るようになりました。ちなみにresIdを指定しなかった場合は今まで同様にURLをidとして指定可能です。
また、複数ファイルの場合にgroupプロパティを指定していましたが、これが廃止となりresGroupプロパティに変更となりました。
こいつも多用していたものですから、アップデート後、リリースビルドでswf真っ白という状況が多発しました。

・ResourcePrefetcherクラス追加
すごいのが搭載されたと噂のResourcePrefetcherクラスです。
こいつは、Progressionがアイドル状態(何も操作しないでじっとしている)の時に、現在のシーンの位置を把握して、ファイルの先読みを行ってくれる代物です。
デモを作れれば良いのですが、こちらにデモと使い方が書いてありますのでとりあえず横着しますごめんなさい。
http://blog.progression.jp/memo
(このページはmemoという事ですのでいつ消えるかわかりません。あしからず)

Progression本体swfの読み込みがPreloader経由かどうかを判断出来るisPreloadedプロパティも追加されていますね。結構便利。

とりあえずバグ以外で、自分が気になったポイントはこのくらいかなあ。
間違ってる事もあるかもしれませんのでその際はご指摘お願いいたします。

それではいつかまた会いましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.northprint.net/mt5/mt-tb.cgi/151

コメントする

このブログ記事について

このページは、northprintが2010年1月13日 09:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Progression4でHTMLのデータを読み込む」です。

次のブログ記事は「そこのあなた。Progressionの本が出るのでそろそろProgression再入門してみませんか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。