XMLUtil.xmlToObjectでXMLListを楽々扱う

| コメント(0) | トラックバック(0)

Progresson3ですが、本体の他にも便利クラスが搭載されています。
その中でも使用頻度の高そうなのが、XMLListのオブジェクト表現を返してくれるXMLUtilクラスです。

前回エントリのサンプルで使用したXMLを見ていただくと分かるのですが、シーンの情報を記述してある部分はrootノードが無い為、このままXMLとしては扱えません。
なのでXMLListとして扱う事となります。
この辺の違いはXMLListで検索するとザクザク出てきますのでそちらを参考にして下さい。

前回サンプルのシーンの情報XMLLIst

     <caption>imageその1</caption>
     <imageurl>image1.jpg</imageurl>

前回サンプルのIndexScene内のボタンを作成している所で以下の様に使用しています。

//ボタンの作成
for (var i:int = 0; i < this.numScenes; i++) {
     //XMLListとしてシーンの情報を取得
    var _xmlData:XMLList = new XMLList(this.scenes[i].sceneInfo.data);
    //XMLUtil.xmlToObjectを使用
    var _obj:Object = XMLUtil.xmlToObject(_xmlData);	
    var imageButton:ThumbnailSprite = new ThumbnailSprite;
    //imageurlの値を取得
    imageButton.SetImageUrl = _obj.imageurl;
    imageButton.sceneId = this.scenes[i].sceneId;
    imageButton.loadImage();						
    省略				
}

このようにXMLListをオブジェクトとして扱う事が出来ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.northprint.net/mt5/mt-tb.cgi/109

コメントする

このブログ記事について

このページは、northprintが2008年10月 3日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「addSceneFromXMLでXMLからシーン作成」です。

次のブログ記事は「addSceneFromXMLでXMLからシーン作成 続き LoadURLコマンド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。