電器用品安全法-晴天の霹靂

| コメント(0) | トラックバック(0)

とりあえずこの記事を読んで下さい。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/14/news017.html

まいりました。
実はこの法律3年間の猶予があった模様。
いつも同じだけど、猶予切れ直前になってから世間に広まる。おかしいと思う。

これに限った事ではなく、今業務システム手がけてる人間としての直前の問題はコンビニCVS(バーコード付きの用紙でコンビニで払うやつ)が今年7月から1段バーコードでしか読めなくなるという法律。(いまだに3段バーコードは多いけど)
実はこれも2年の猶予があった模様。どうなってるの?

このように年々謎の法律が追加されていってる。そういえば税込み表示義務も謎の法律だなぁ。
あれも直前になって気付いて若干ごたごたしたし。
最終的に儲かるのはシステム屋とは思うけど、小売業の人とかはたまったもんじゃないよね。
何か新しい事をやろうとしても、既存システム入れ替えでお金なくなっちゃうんだから。

最近システムの進歩が目に見えないのはそのへんに問題アリかもね。
お金あるとこは凄いけどね。

東京でまず驚いたシステムは駐車場のシステム。
入る時にナンバーを読んで、店内で駐車券を回収してしまい、出るときにナンバー読んで照合するから出るときは手ぶら。凄い。でもこれから作られる店舗は導入が進むだろうな。

おもいっきり話がそれてしまったけどようするにhttp://www.jspa.gr.jp/←ここで署名した方がいいんじゃないかな。
私は署名しました。
今回は多少の悪あがきでもしないとまずいなと思ったし。
今はほとんど楽器買わないけど、大学の後輩やこれからの若い人たちを思うととても大変な法律だと思うし。
(あの部にあった機材殆どダメだよ)
ヴィンテージアンプでしか出せない音ってあるよね。
しかし、政治家は何を考えているのやら。。。こんな事を考え出す為に高い給料もらってるんならいない方がいいや。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.northprint.net/mt5/mt-tb.cgi/12

コメントする

このブログ記事について

このページは、northprintが2006年2月19日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中ノ森バンドのライブ」です。

次のブログ記事は「SHIBUYA-AX」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。